アセット 8011341211321.png

永谷研一のオンラインサロン

​できたこと塾

​コンセプト

​私のできたことが、

誰かのできたことになる

オンラインセミナー
テキストがはいりますテキストがはいりますテキストがはいります​テキストがはいります
活動内容
映像図書館
テキストがはいりますテキストがはいりますテキストがはいります​テキストがはいります
イベント交流会
テキストがはいりますテキストがはいりますテキストがはいります​テキストがはいります
  • できたこと塾 facebookページ
  • ネットマン公式
  • 永谷研一が行く!
ディスカッション
テキストがはいりますテキストがはいりますテキストがはいります​テキストがはいります
塾長 永谷研一 プロフィール

永谷 研一

Kenichi Nagaya

 

発明家/ 行動科学専門家

株式会社ネットマン 代表取締役社長

1966年静岡県沼津市生まれ。 東芝テック、日本ユニシスを経て、1999年4月株式会社ネットマンを設立。学校や企業にITを活用した教育サービスを提供する。2001年から「携帯電話などモバイル端末を活用したアクティブラーニング」を手がけるパイオニア。また行動変容を促進するITシステムを考案・開発し、日米で特許を取得。米国でその功績が高く評価を受け、O−1ビザ(卓越能力保持者ビザ)が認められる。
行動科学や認知心理学をベースに、これまで一万人以上の行動実践データを検証・分析し、目標達成のための行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」を開発。三菱UFJ銀行やダイキン工業、トリドール、日立グループなどでの人材育成プログラムや学校でのキャリア教育に適用される。最近では、日本の子供たちの自己肯定感を高める活動として「できたこと生徒手帳」を広めるボランティア活動を行っている。
塾長 永谷研一からのメッセージ

私は1999年にネットマンを創業し20年にわたり人材育成に関わってきました。教育や人材育成に必要なITシステムを開発し多くの学校や企業に提供してきました。

代表的なサービスは「Cラーニング」と呼び、今でも日々改良し続けています。

また、人が成長するための原理原則を追求し、科学的なアプローチでたどり着いた理論に基づいた教育メソッドを開発し、出版やテキストブックで提供してきました。

代表的なメソッドは「PDCFAサイクル」と呼び、多くの人材育成に採用されています。

このような活動を通じて、多くの学校の先生方や企業の人材育成に関わる方々と交流させてもらってきました。

一つの大きな転機は2016年の「できたことノート」の出版です。

目標達成のための行動変容を支援するPDCFAサイクルのITシステムのデータを分析する中で、目標達成する人とは、内省文に本音の感情を書いて素直に自分と向き合えている人が多いことを発見した私は、「なぜ書けない人がいるのか」と考え抜き、その根源に「自己肯定感」というテーマを見つけたのです。

人間の特性である「できないことを見る」習慣が、素直に自分を見つめることができず、周りに取り繕うような思考になり、次第にやる気がダウンして行動力が落ちてしまうことを発見しました。

そこでもっと人が自然に内から前向きになれる方法論なないかとメソッド開発に取り組む中で、毎日できたことを見つめることで、自己肯定感を高めて行動変容力に磨きをかけて自分の「ありたい姿」に気づき自信をもってイキイキした人生を歩むためのメソッド「できたことノート」が完成したのです。

世界的な調査で日本の子供達の自己肯定感がダントツで低いことを知った私は、

「20年後、この日本を世界一自己肯定感の高い国にする!」と宣言してしまったのです。

宣言してしまった手前、やり切るしかありません。笑

よく考えたら最近の企業向けの新人教育のニーズの多くが

「自分軸をもって創造性を発揮できる社員に育ててほしい」

といったものです。ネットマンでは誰でも名前を知っている一流企業の人材育成を数多く手掛けさせてもらっていますが、その優秀な社員さんたちの育成ニーズが“自分軸”なのです。

おそらく他者から与えられた目標をこなしてきたことで、人気企業に入るまでがゴールになってしまい、一体自分は何をどうしたいのかわからない状態に陥っている人が多いと推測します。

 

いずれにしろこれは学校教育がやれてこなかった問題です。企業に入る前に解決すべき問題なのです。

 

では、どうやってこの若者たちの自己肯定感を世界一するかです。

そこで私は学校の先生に着目しました。1人の先生の向こう側には何十人何百人の先生たちがいます。その先生とともに歩むことができたら、この一見無謀と言える目標を達成することも夢ではない、現実になると青臭く本気で思っているのです。

 

一方でGIGAスクールなど学校ICTをお手伝いする中で、「先生自身の自己肯定感の問題」「働き方改革の問題」「先生の組織文化の問題」「保護者との関係の問題」「教育委員会の問題」などを目の当たりにしました。ちょっと怯むぐらいのヤバイ闇を見ることもあります。

 

でも一人ひとりの先生と話すと、教科指導に対する熱意がすごい人、ちょっとこだわり強く変な人(これ褒め言葉です)、生徒の想いで優しい人など本当に人間味豊かな素晴らしい先生が多いこともわかりました。

 

そこで決断しました。

 

この先生自身を元気にする塾を作ろう!と

できたことノートを通じて、先生も自分軸をしっかりもってもらって人生を謳歌してもらうということです。その姿を見れば、生徒たちも自然と自己肯定感も上がり主体的な行動も増えることでしょう。

 

是非、できたこと塾に参加してもらって、この壮大な実験の主人公になってもらえたら幸いです。

 

今日より明日ちょっと良くなる!

そして20年後日本は名実ともに輝きを取り戻す!

 

では「できたこと塾」でお会いしましょう!

塾長 永谷 研一
​できたこと塾 基本方針
  1. 「できたこと」から始める(デキタイ)

  2. 目的から考えて行動変容する(内省)

  3. 他者の試みからも学ぶ(ソトガク)

  4. フィードバックし相互成長する(チエグミ)

  5. ありたい姿をアップデートする(自分軸)

入会までの流れ
  1. Facebookページから参加申込み

  2. 質問に回答する

  3. 承認待ち(10日前後)

  4. 事務局よりPayPalの決済用URLが届く

  5. 決済完了後、グループに参加

  6. ​ルールを読む

月謝●●円(税込)
​注意事項
  •  永谷研一オンラインサロン「できたこと塾」は「秘密のグループ」です。 できたこと塾内の具体的な情報をSNSやブログなどで公開することは禁止です。
  • トークイベントなどで許可なく撮影はできません。録音、文字起こしなども禁止です。
  • オンライン、オフライン問わずルール、マナーを守れない方は規約に基ずき強制退会させていただく場合があります。
  • ほとんどの方が実名で参加しています。リアルでの交流もありますので、実名での登録およびプロフィール文の記入、写真の設定お願いします。実名との不一致があった場合、各種イベントに参加いただけない場合がございます
  • 情報商材またはそれ相当と判断されるビジネスに関わる方の入会はお断りします。
  • 情報商材等の勧誘行為、またはそれに相当すると判断される行為は一切禁止です。発覚した場合は即日退会処分となります。
  • 受け身で得られる体験は限定的です。積極的にアクションを起こし、活動していくことをおすすめします。