できたことノートもっと深読み講座

講座動画9本
目的思考実践講座 8本

プレミアムロゴ_アートボード 1.png

講座概要(シラバス)

講座内容

本コースでは、書籍【1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート】の基礎コースを修了した人対象に、もっと深く理解するために、永谷研一著の他の書籍から引用して解説する。成果をあげたり目標達成をするためにより具体的な内容が学べる。
全17テーマで各回の動画は10分程度の動画で構成されており、課題をすることで1歩ずつ理解を深められるようになっている。

 

 

各回のテーマ


【できたことノートもっと深読み講座 vol.1】

①反省するだけでは何も変わらない本当の理由とは

(書籍「科学的にラクして達成する技術」3章より)

  • 失敗や過ちをなおようとすると失う大切なこと

  • 精神論では学んだとは言えない

  • 経験をスルーするクセに気を付けろ

②自己肯定感が低い人の3つの特徴

(書籍「できたこと手帳」コラム5より)

  • ほめ言葉受け止められず。忠告に怒り。言い訳多い。

  • 自分の行動・言動のクセを知る

  • 低くなったときにどうすればいいのか

③経験から学ぶとはいったいどういうことか

(書籍「科学的にラクして達成する技術」3章より)

  • 過去は経験の宝庫

  • 目標達成における必要な要素とは

  • 自己肯定感が高まると起きる効果

④三大根付かない行動とは

(書籍「科学的にラクして達成する技術」2章より)

  • ◯◯しないは根付かないで凹むだけ

  • 立派な言葉は実は何も考えてない

  • 「しっかり」「もっと」など副詞にだまされるな

⑤行動しない人が使うNGワードの改善法

(書籍「科学的にラクして達成する技術」2章より)

  • 「心がける」「意識する」など頭だけで考えること

  • 何をするのかあいまいでわからないこと

  • 人や状況によって解釈がぶれるもの

【できたことノートもっと深読み講座 vol.2】

⑥できたことメモで起きる劇的な効果とは

(書籍「月イチ10分できたことを振り返りなさい」Part1より)

  • できなかったことは完全無視でいい

  • できたことを見つめる習慣は何を生み出すのか

  • 人間関係がうまくいく変化のプロセスとは

⑦月1回心の中の自分と素直に向き合う方法

(書籍「月イチ10分できたことを振り返りなさい」Part1より)

  • 行動を起こせる人になるために必要なこと

  • できたことメモは自分の価値観の集積だ!

  • 自分にどう問えば「ありたい姿」が見つかるのか

⑧できたことが生み出す計り知れない効果とは

(書籍「月イチ10分できたことを振り返りなさい」Part1より)

  • 成長意欲を高めるための自問力とは

  • ありたい姿から達成すべきテーマを再設定する

  • 強い不安と適度な不安。同じ不安でも行動が違う

⑨2つの思い込みから抜け出せばぐんぐん成長できる

(書籍「月イチ10分できたことを振り返りなさい」Part1より)

  • 成長を妨げている2つの思い込み

  • なんとなく行動してなんとなく成功している罪

  • 現状を疑えば、見えなかった課題が浮かび上がる

【できたことノートもっと深読み講座 vol.3】

目的思考実践編

①ゼロベースで自分の行動を見直そう

 (参考書籍・『できたことノート』第4章/『月イチ10分「できたこと」を振り返りなさい』 p.102より)

・月イチ10分の振り返りは「目的」の確認から
・「目的」が明確になることの効果
・「与えられた目的」を「自分の目的」にする方法

②今のやり方を前向きに疑う3つの自問
 (参考書籍・『月イチ10分「できたこと」を振り返りなさい』 p.108より)

・目的把握の自問
・目的から考える、今のやり方を疑う自問
・自問を繰り返すことの効果

 


③「今、取り組むべき」課題の見つけ方
 (参考書籍・『月イチ10分「できたこと」を振り返りなさい』 p.117より)

・優先すべき課題の見つけ方
・絞り組むのが難しい場合の対処法
・「期限」と「度合い」を盛り込もう

 

 

④あなたの「喜びの理由」に迫る
 (参考書籍・『月イチ10分「できたこと」を振り返りなさい』 p.124より)

・振り返りのもう一つの問い
・「喜びの理由」にモチベーションの源泉が隠れている
・モチベーションキープの方法とは

 

 

⑤振り返りの方法を科学する
 (参考書籍・『科学的にラクして達成する技術』第3章より)

・「深い振り返り」とは何か、その4要素とは
・具体的な振り返りの方法
・具体的な振り返りの方法の根拠

 

 

⑥「成長軌道」に乗るまでのプロセス
 (参考書籍・『科学的にラクして達成する技術』第3章 Point06より)

・「自分を客観的に見る力」の身につけ方
・「学び」の深化は、どのように表れるのか
・変化が現れるタイミング

 


⑦「究極」の目的思考とは
 (参考書籍・『科学的にラクして達成する技術』第5章 Point04より)

・さらに自分自身を俯瞰する
・ 究極の目的思考、2つの問い
・仕事の真の価値を考えるとどうなるか

 

 

⑧期待に応え続けることで見つかるものとは
 (参考書籍・『科学的にラクして達成する技術』第5章 Point05より)

・お客様とは?その信頼を得るためにやり続けること
・相手の期待に応え続けると再発見できるもの
・「目的思考」から次の学びのステージへ

【前提条件】

できたことノート基礎講座(できノート基礎)を修了していること

 

【課題内容】

毎回1つの課題(協働板に書き込む)

 

【修了条件】

各回の課題に取り組むこと

【参考書籍】(用意することは必須ではない)

「できたこと手帳」

「月イチ10分できたことを振り返りなさい」

「科学的にラクして達成する技術」

 

【解説者】

永谷研一 できたこと塾 塾長 ネットマン代表