できたこと塾とは

「できたことメソッド」は成長ステージに合わせて教材が揃っています。
育てる立場の親や教員、企業においては管理職やチームのリーダーの方を対象に、どのようにアプローチしたらいいかを様々なコンテンツを通じて学ぶことができます。

できたことノートが育む生きる力とは

「育てる側」「育つ側」が共に成長するメソッド
自己肯定感をあげ行動変容できる人を育成する(学校での探究・キャリア教育での活用も可)
目標達成のための行動習慣メソッド「PDCFAサイクル」で自律型人材を育成する

こんな人にオススメ
できたこと塾は
人を「育てる人」が学び成長するためのコンテンツを提供し続けます

子供を育てる

「保護者の方」

著者永谷が20年以上人材育成に携わる中で目標達成する人の行動と思考のデータを行動科学、認知科学の知見で分析した上で開発され多くの企業や学校に提供されてきたメソッドを親子で活用することで、子ども(や親)の自己肯定感が向上することはもちろんですが、その上で、行動を変える力、課題を設定する力、自分の軸を見出す力、他者と関わる力など必要なスキルを身についていき、人生をイキイキと「ありたい姿」に向かって進めることができるようになります。

shutterstock_1643004247.jpg

​児童・生徒・学生を育てる

「​教員の方」

中学校では「総合的な学びの時間」、高等学校では「総合的な探究の時間」として学校やクラスで「できたことメソッド」教えることができる「できたことノートfor school」の指導ができます。進学校では、ビジネスパーソン用の書籍「科学的にラクして達成する技術」の「ラク達ノート」を学校用に開発し、生徒にも「できたことメソッド」に加えて目標達成や行動変容力を促進する「PDCFAサイクル」を学ぶことができる教材で、生徒の「できたこと」を振り返らせ行動変容を習慣化させ成果を出し続ける人を育てることができます。

shutterstock_1810757155.jpg

社員を育てる

「管理職チームリーダー

「できたことメソッド」に加えて目標達成や行動変容力を促進する「PDCFAサイクル」を学ぶことができます。大手電機メーカー、大手自動車会社、大手外食産業の企業内人材育成で採用。新人研修やOJTリーダー研修などで、また中堅企業では全社で採用し、組織文化の活性と業績向上のために活用されています。自己肯定感の高い人は、経験の振り返りを本音で前向きに行うので、周りからフィードバックを受けやすく行動変容のノウハウや意欲を獲得しやすいため、目標に向けた行動が活発になります。

shutterstock_1348312499.jpg

家庭で

学校で

企業で

コンテンツ
「できたことメソッド」を
学ぶ・伝える・教えるための豊富なコンテンツ
 
screencapture 2021-09-27 15.53.42.jpg
1
「できたことメソッド」を学ぶ
無料メール講座

週に1回、書籍「できたことノート」を章や節で区切り解説した、27本のコンテンツをご登録したメールアドレスに配信します。
目標達成のための行動変容メソッド「PDCFAサイクル」を学ぶ前に、まずは確実に身につけてもらいたいメソッドです。

shutterstock_766552135_edited.jpg
2
「できたことメソッド」【目標達成技術PDCFAサイクル」を学ぶ
YouTube「行動科学専門家 永谷研一」

著者永谷研一が、思春期の悩みから保護者の悩み、教員の悩み、組織の管理職やチームリーダーの悩みを自分ごとにしやすい事例を交えながら解説していきます。

お悩みも質問も随時受付中です。

配信媒体:Youtube  / 配信日時:週に4回 21:00配信予定

shutterstock_1721515915_edited.jpg
3
「親子できたことメソッド」「目標達成技術PDCFAサイクル」を学ぶ
​オープン講座

​著者自ら講師として登壇。目標達成のための行動変容メソッド「PDCFAサイクル5つの技術」の講座と、保護者を対象にした「親子できたことノート講座」(講師は著者が認定したファシリテーター)をご用意しました。少数精鋭のオンラインセミナーとし、自分事として集中して学ぶことができます。

shutterstock_1662822445_edited.jpg
4
キャリア教育や「総合的な探究の時間」の教材

「20年後、この日本を世界一自己肯定感の高い国にする」ための活動の一環として、永谷研一が学校現場で講話致します。PTA主催講演会、キャリア教育としての講演会、教職員向けの講演会とニーズにあったご依頼を承っております。

「できたことメソッド」「目標達成技術PDCFAサイクル」を学ぶ
shutterstock_704005726.jpg
5
note有料マガジン(スタートは6月下旬)

​これからのVUCA時代を生き抜く児童・生徒において、学校では「総合的な学びの時間」「総合的な探究の時間」を使って「課題解決力」や「振り返る力」を養うことが重要となってきました。

note有料マガジンは、ビジネスパーソンが目標達成や成果を上げるための行動変容に活用する思考法を「学校での活用」として生かすために発信していきます。

「できたことメソッド」「目標達成技術PDCFAサイクル」を学ぶ
できたこと塾 塾長
著者からより深い学びを得られる
250604nagaya047k.jpg

永谷 研一

発明家/ 行動科学専門家

株式会社ネットマン 代表取締役社長

著書

2021年「親子できたことノート」(青春出版社)

2020年「仕事と研修が一体化した人の成長マネジメントの技術」(Profuture)

2019年「科学的にラクして達成する技術」(クロスメディア・パブリッシング)

2019年「親子 できたこと手帳」(NETMAN)

2018年「月イチ10分できたことを振り返りなさい」(ダイヤモンド社)

2017年「できたこと手帳」(クロスメディア・パブリッシング)

2016年「できたことノート」(クロスメディア・パブリッシング)

2014年「人材育成担当者のための絶対に行動定着させる技術」(Profuture)

2013年「絶対に達成する技術」(KADOKAWA)